大好きなこーさんのうち。カンボジアの村

私たちは2007年にカンボジアで会い、結婚しました。

こーさんは2009年から日本で暮らしています。

 

私たち夫婦は、大好きなカンボジアのこーさんの村、カンボジアの田舎を

料理や文化を通して伝えていきたいと思い、移動販売車で各地イベントに出店していましたが

2012年にCAFEをオープンしました。

 

CAFEでは、こーさんのうちの村の温かい雰囲気をかんじ、美味しいお料理を食べてもらえたらと思っています。

 

こーさんの生まれ育ったカンボジアの村とこーさんの家族を紹介します。

 

 

 

ーさんは、カンボジアのアンコールワットの有名な街、シェムリアップからほど近い、コートノール村というところで生まれ育ちました

こーさんのうちは バライという湖のほとりにあります。

現在は、学校として立て替えましたが前は伝統的高床式の住居でした。

家の周りには、牛がいて ココナッツ、やし、バナナの木などがたくさん生えています。

こーさんのお母さんは、朝・昼・夜といつもここでおいしい料理を作ってくれます。 毎日おいしい料理を作ってくれます。ちょっとあわてんぼうですが私の大好きなお母さん

こーさんの弟カウ。心優しく頼もしい、一家の大黒柱。おうちの井戸で水浴びしています。

こーさんの妹、ペイ。 勉強は苦手。自転車で30分かけて街へ行き働いています。 すっかり大きくなり、お母さんを助けています。料理も上手! いつも私の世話を焼いてくれます。

こーさんの末の弟、、ウドン。

恥ずかしがり屋さん。利発で、牛の世話もよくする可愛がられっ子。

日本語もカタコト上手です。

こーさんのうちの台所。

炭火を使って料理します。

ここには子供も大人も集まります。

ご飯が終わったら、ここでお昼寝もしちゃいます。

お母さんがなにか作ってると決まって近所のおばちゃんが集まってきて、あっというまに井戸端会議場になってしまいます。

そしてなんでも助け合うお母さんたち。

こーさんのうちの村の真ん中をまっすぐ走る道は舗装されていない赤い土の道。

バイクで駆け抜けるとぶわっと土がまいます。

ここを通るあいだに、会う人会う人みんな笑って挨拶してくれる。

おばあちゃんたちはちまき作りが上手。

お正月やお盆にもたくさんつくります。包む葉っぱはそこにあるバナナの葉っぱ。

村の隣にあるバライという湖は、雨季はそこで牛を遊ばせ、魚もここでとる。

子供たちの遊び場でもある。

こーさんの村のコートノール村の大切な池。

1日が終わって、バライの池に日が沈んでいきます。

大好きな大好きなこーさんの村です。

こーさんのうちカフェ

営業時間:11:00~17:00

定休日:日曜

(イベント出店のため臨時休業あり)祝日は不定休

2015年7月から営業時間と定休日を変更しました。

地図:コチラ

こーさんのうちブログ

カンボジアのこーさんのうち

 写真をクリック!

メゾンドコートノー

カンボジアのこーさんの村に「宿泊」「体験」「リトリート」をご提供するヴィラが(ほぼ)完成しました!