日程の例

※このリトリートプログラムは、1日に1組様のご案内のため、内容を自由に組み替えることができます。こんなことがしてみたい、こんな体験がしたい、などありましたら、プランの段階でじっくりとお打合せしましょう!

8:30 宿泊先ホテルにピックアップ

 

30分ほどかけてトゥクトゥクで村へ。(舗装されていない道ですので揺れることもあります)街歩きや観光ではみられない、カンボジア人の普段の暮らしや家々をく道中垣間見ることができます

DSC_3459.JPG



9:00 村到着

村のミニツアー(20分)

途中いったんトゥクトゥクをおり、カンボジアの伝統的住居や村の生活をご案内します

 

10分ほど歩きます。普段暮らしている高床式住居の見学、飼っている牛や豚、鳥をみたり、生えている果物や野菜、台所や井戸をみたり、そこに住む村人との交流を通して、どんな暮らしをしているか、村の営みに触れます。

DSC_3388.JPG

DSC_3394.JPG

DSC_3603.JPG




9:30 こーさんの高床式住居到着

ウエルカムドリンク

 

リラックスできる高床式住居で まずはフレッシュハーブティーをどうぞ。

 10:00 クッキング

庭に生えているハーブを摘み、村の野菜、池で採れた新鮮な魚などをつかって

 

カンボジア料理を一緒に作ってみましょう。丁寧に説明します。レシピもお付けします。

DSC_3431.JPG

DSC_3350.JPG

DSC_3571.JPG

DSC_3506.JPG

DSC_3358.JPG

DSC_3352.JPG

DSC_3580.JPG

DSC_3387.JPG


  ・アモック(カンボジアの代表料理。魚のココナッツミルク蒸し。木の臼でフレッシュハーブをすりつぶし、搾りたてのココナッツミルクと卵で、バナナの葉っぱに入れて蒸した香り高い料理)

  ・マンゴーサラダ(未熟なマンゴーをつかった酸味のあるさっぱりしたアジアンサラダ)

 ・やし砂糖入り白玉団子(もち米を石でひいて白玉粉にするところから手作り。

 

カンボジアの昔ながらのやし砂糖を中に入れた素朴な味わいです)

CIMG1843_convert_20160307232039.jpg

DSCN2018.JPG


13:00 

時間をかけて作った料理をゆっくり召し上がっていただきます。ご自分で一から作ったお料理は忘れられない味になるでしょう。

 

14:00休憩タイム。

村を散策するもよし、ハンモックで読書をするもよし。自由にお過ごしください。

15:00 ハーブサウナ

庭で取れたハーブをつかった ハーブサウナにどうぞ。敷地内にある自慢のハーブサウナ小屋でゆっくりサウナタイム。

心地よい汗と香りで心身とも癒されます。

サウナ終了後はハーブティ‐で思い思いにおくつろぎください。ハンモックを川辺やお好きなところにぶら下げます。

 

ご希望の方は井戸で水浴びもしていただけます。カンボジア式水浴び体験はいかが??

17:00 西バライで夕日鑑賞

西バライのほとりまでは歩いて行けます。

 

だれもいない池のほとりでゆっくりと落ちていく大きな太陽を眺めるのはいかがですか。

DSCN1876.JPG

18:00 日本語の寺子屋で1日先生体験

こーさんのうちが2011年から始めたこーさんのうちの寺子屋。

同じ敷地内で夕方、月曜日から金曜日毎日、村の子が英語と日本語を学んでいます。アンコール遺跡に訪れる外国人が多いシェムリアップ。外国語が話すことができれば、観光の仕事につくことができ、将来の選択肢が広がります。街から遠く外国語の勉強が困難な村の子支援のため、日本人からの募金で続けている寺子屋です。先生は村の青年。生徒は小学生から中学生まで。みんな一生懸命勉強しています。外国人と触れ合うことのない子供たち。先生としてでなく、友達として子供たちと遊ぶだけでも、お互いに忘れられない経験になるでしょう。

 

(この1日プランの料金の1部を、寺子屋支援金として使わせていただいています)

DSC_3615.JPG

DSC_3543.JPG

DSC_3536.JPG

DSC_3534.JPG


19:00 帰途

 

ホテルまでトゥクトゥクで送迎いたします。

こーさんのうちカフェ

営業時間:11:00~17:00

定休日:日曜

(イベント出店のため臨時休業あり)祝日は不定休

2015年7月から営業時間と定休日を変更しました。

地図:コチラ

こーさんのうちブログ

カンボジアのこーさんのうち

 写真をクリック!

メゾンドコートノー

カンボジアのこーさんの村に「宿泊」「体験」「リトリート」をご提供するヴィラが(ほぼ)完成しました!